MUGTEA(マグティー)のコンセプト  

日本茶が好きで、ハーブティーが苦手なオーナーが作ったのは、少しだけシュガーを入れてハーブを飲みやすくした、テトラティーバッグ型の手軽に飲めるブレンドティー。
マグカップやティーポットにぽんっ、と入れてお湯を注ぐだけで、誰でも簡単に美味しく飲めるシュガー入りブレンドティーを販売しています。
地元掛川の茎茶に、ノンカフェインのレッドルイボスやグリーンルイボス、ハーブをオリジナルブレンド。 美味しさを引き立たせるシュガーはノンカロリー。
男性も女性もお子様も楽しめる、ありそうでなかった体にやさしい、日本茶ルイボスブレンドティーです。  

マグティーのこと

仕事柄長時間のデスクワークが多い私。
今まで、コーヒー、紅茶、日本茶、中国茶、フルーツ・野菜ジュース、コントレックス、炭酸水など… いろんなものを、デスクワークのお供として飲んでいました。

でもひとつだけ。 ハーブティーは苦手。
見た目はすごくおしゃれだし綺麗だけれど、熱々のドリンクを好むわたしには味気ない感じがしていました。

机の上にはパソコンや書類があるし、ティーポットとカップだと倒したら大変だし、場所を取るし…。
でもハーブティーはリラックス効果が高いし、飲めるようになりたいと、いろんなハーブティーを試しました。
体には良さそうだけれど、美味しくない…。美味しくないとリラックスできない…。

市販のブレンドや茶葉の分量では美味しく感じられない…。自分で茶葉を買ってブレンドしてみたら、いい感じにできあがったのだけれど、何かが足りない…。

わたしはもともとあまりお砂糖や甘いものが得意ではないのですが、料理の味付けに使うようにと用意していた、口に甘みの残らないシュガーを試しに入れてみると、自分好みのとてもいい感じに!

まるで甘味のあるハーブのような、自然な甘さだけれど、口に残らずハーブの風味を損なわない味になったので、自宅で好んで飲んでいました。

以前、ショップを構える前は主にイベントで茶葉の販売を行っていて、ハーブティーにはカフェインが入っていないのと、日本茶は茎茶を使えばローカフェインなので、トイレが近くなりにくいので、主にイベントの時は必ずブレンドティーを持参していました。 イベント中はトイレが近くなって何度もブースを離れるわけにはいかないので、とても重宝していました。

大きめのポットにたくさん持っていくようにしていたので、イベントの常連様に小さいカップを用意してブレンドティーをお飲みいただいていたのですが、ある日「このブレンドティー、とてもおいしいねー。これは売ってないの?」「わたしハーブティー苦手なんだけど、これは飲みやすいねー」と言われ…

もしかしてわたし以外にもハーブティーが苦手だけれど飲みたいと思っている方もいらっしゃるのでは…?と思い始め、そんな方々のために「嗜好品としてのブレンドティー」を販売できたら、と考え始めたのがきっかけです。

今までは自分で飲んでいただけだったので、それを本格的に商品化するべく試行錯誤を1年ほど繰り返し… そこで一種の疑問が。

紅茶もブレンドティーがあるけれど、たとえば数種類のリーフやフルーツ、フラワーなどが入っているとして、それらが茶葉のまま100gとかで袋に入っていると、スプーンですくうたびに、微妙に配分が違うし、味が変わるなあ…というのが気になっていました。

わたしのブレンドティーは、毎日手軽に同じ味で飲めるように、茶葉とハーブとシュガーをティーバッグにつめて、それをぽんとボトルに入れたり、マグに入れたりして手軽に楽しんでいたので、特に味の変化というのはありません。

確かにハーブとシュガーをティーバックにつめるのは一苦労。 でもそのほうがティーポットを洗わなくていいし、会社でもマグで飲めるし、手軽にマイボトルに入れて持ち運べます。

当店のブレンドティーは、日本茶の茶葉はくき茶を使っているので、ティーバッグを入れたままでも、味が大きく変わることはありません。

これでお客様にも入れ方など気にしていただかなくてもいつも同じ味で飲んでいただけます。
わたしのようにハーブが苦手な方にも飲んで楽しんでもらえる、コーヒー、紅茶の次に、毎日飲みたいなと思える「嗜好品」のブレンドハーブティーの原型ができました。

ブレンドティーは、日本の軟水に合うようにと茶葉の量を多めに調整し、葉の臭みを感じないように少量のシュガーで味を調整しています。茶葉はしっかりティーバッグ内でジャンピングできるよう、大きめのティーバッグに茶葉を詰め、テトラ状に封をしています。

現在は、静岡茶の茎茶を使った日本茶と、レッドルイボス、専門店でのお取り扱いが多いグリーンルイボスをメインにブレンドしています。

飲みやすくブレンドされていますので、初めての方やプレゼントにおすすめです。

「わたしが美味しいと思えるものを販売して共感していただきたい」と思っています。

嗜好品としての日本茶とルイボスのハーブティーはブレンドティーと呼ぶことにしています。
そしてマグカップで手軽に飲めるようにと「マグティー」という屋号にしました。
この味に共感してくださる方を求めて、店舗販売、イベント出店やネット販売を行っています。

たくさんの方と共感できますように。

 

MUGTEA オーナー 山田ゆか