MUGTEAについて

MUG TEA(マグティー)のコンセプト  

日本茶が好きで、ハーブティーが苦手なオーナーが作ったのは、少しだけシュガーを入れてハーブを飲みやすくした、テトラティーバッグ型の手軽に飲めるブレンドティー。
マグカップやティーポットにぽんっ、と入れてお湯を注ぐだけで、誰でも簡単に美味しく飲めるシュガー入りブレンドハーブティーを販売しています。
地元掛川の茎茶に、ノンカフェインのハーブをオリジナルブレンド。 美味しさを引き立たせるシュガーはローカロリー。
男性も女性もお子様も楽しめる、ありそうでなかった体にやさしい、日本茶ハーブブレンドティーです。  

 

マグティーのこと

仕事柄長時間のデスクワークが多い私。 今までコーヒーだったり紅茶だったり、日本茶、中国茶、フルーツジュース、野菜ジュースなどなど… いろんな飲み物を飲み続けてきました。

でもひとつだけ。 ハーブティーは苦手。
丁寧に出してやさしく飲む感じが、熱々のドリンクを湯気ごといただきたい私にはどうも合わなくて、見た目はすごくおしゃれだし綺麗なのに味気ない感じがしてしまっていました。
机の上には書類があるし、ティーポットとカップだと倒したら危険だし場所を取るし、でもハーブティーは体に良いし、飲めるようになりたい!と、いろんなハーブティーを試したけれど、やっぱりピンとくるものがありません。
それでも諦めきれず、自分で茶葉を買っていろいろブレンドしてみたら、いい感じのブレンドが出来上がったのだけれど、何かが足りない…
私はもともとあまりお砂糖や甘いものが得意ではないので極力使わないのですが、料理に使うために仕入れていた口に甘みの残らないシュガーを試しに入れてみると、自分好みのとてもいい感じに!

まるで甘味のあるハーブのような、自然な甘さだけれど、口に残らずハーブの風味を損なわない味になったので、自宅で好んで飲んでいました。

以前、ショップを構える前は主にイベントで茶葉の販売を行っていたのですが、ハーブティーにはカフェインが入っていないのと、トイレが近くなりにくいのも気に入っていて、主にイベントの時は必ずハーブティーを持参していました。 イベント中はトイレが近くなって何度もブースを離れるわけにはいかないので、とても重宝していました。

大きめのポットにたくさん持っていくようにしていたので、常連様に小さいカップを用意してハーブティーを振舞わせていただいていたのですが、ある日「このハーブティー、とてもおいしいねー。これは売ってないの?」「わたしハーブティー苦手なんだけど、これは飲みやすいねー」と言われ… もしかしてわたし以外にもハーブティーが苦手だけれど飲みたいと思っている方もいらっしゃるのでは…?と思い始め、そんな方々のために「嗜好品としてのブレンドティー」を販売できたら、と考え始めたのがきっかけです。

今までは自分で飲んでいただけだったので、それを本格的に商品化するべく試行錯誤を1年ほど繰り返し… そこで一種の疑問が。

紅茶もブレンドティーがあるけれど、たとえば3種類のリーフやフルーツ、フラワーなどが入っているとして、それらが茶葉のまま100gとかで袋に入っていると、スプーンですくうたびに、微妙に配分が違うんじゃないかなあ…というのが気になっていました。

わたしのハーブティーにもハーブとシュガーが入っていて数種類がブレンドされているので、上記と同じようなことがおこってもおかしくないのですが、大雑把なO型の性格が功を奏し、ハーブとシュガーをティーバッグにつめて、それをぽんとボトルに入れたり、マグに入れたりして手軽に楽しんでいたので、特に味の変化というのはありませんでした。

確かにハーブとシュガーをティーバックにつめるのは一苦労。 でもそのほうがティーポットを洗わなくていいし、手軽に飲めるし、熱々でステンレスボトルに入れて持ち運べます。
これでお客様にも入れ方など気にしていただかなくてもいつも同じ味で飲んでいただけるし、わたしのように苦手な方にも飲んで楽しんでもらえそうな気軽に楽しめる形ができあがり、そうして、コーヒー、紅茶の次に毎日飲みたい「嗜好品」のブレンドハーブティーの原型ができはじめました。

日本のお水は軟水なので、水自体に味がないことで、ティー自体の味も変わってしまうことに気づき、日本の軟水に合うようにと茶葉の量を多めに調整したことによって、葉の臭みを感じないようにシュガーが良い具合にその役割をしています。

茶葉はしっかりティーバッグ内でジャンピングできるよう、大きめのティーバッグに茶葉を詰め、テトラ状に封をしています。
1杯目はシュガーインで、2杯目3杯目とお湯を追加して、違った味も楽しめるようになっています。

定番のブレンドから季節のものなど、通常4〜5種類ほどのブレンドをご用意。

「わたしが美味しいと思えるものを販売して共感したい」と思っているのと、納得するまでブレンドを繰り返して試飲を行うので、種類も少なくフレーバーも多くはありませんが、美味しく飲んでいただけるブレンドをご提供できるように常に試作しています。

嗜好品としてのハーブティーはブレンドティーと呼ぶことにしています。
そしてマグカップで手軽に飲めるようにと「マグティー」という屋号にしました。
それでもこの味に共感してくださる方を求めて、店舗販売、イベント出店やネット販売を行っていきますので、どうぞ宜しくお願いします。

たくさんの方と共感できますように。

 

MUGTEA オーナー 山田ゆか